バイクを保有する場合、もちろん保管はしておく必要があります。普通自動車と同じく、駐車はする必要があるのです。それでバイクを保管する場合は、もちろん野ざらしなどの手段もあるでしょう。ですがそれよりも、むしろバイクガレージを活用すると良いのです。

 

野外と室内は環境が異なる

そもそも室内と野外では、色々と状況が異なる事だけは間違いありません。少なくとも、天候という脅威に対応できるかどうかという問題はあるでしょう。

そもそも人間が室内に滞在しているのも、野外では色々と問題があるからです。野外には多くの虫も生息していますし、そもそも高温多湿な事もあります。まして日によっては、雨が降ってくる事もあるのです。もちろん雨が降っている中で、生活をするのは難しくなるでしょう。保有している物品が雨に濡れてしまえば、それこそ大変な事になります。

しかし室内環境でしたら、特に上記のような問題点もありません。少なくとも軒下という環境である以上は、特に野ざらしになる事も無いでしょう。雨なども、屋根がブロックしてくれます。
つまり室内の方が、野外よりは快適な環境になる訳です。

 

バイクの状態を良く保ちたい

ところで新しいバイクを購入しますと、とかく見た目が気になってくるものです。そもそもバイクを購入したばかりの段階では、明らかに見た目がピカピカの状態になっているでしょう。

ですから購入した方々としては、その新しい見た目を維持したいと考えている事もよくあります。

 

バイクに対する様々な脅威

しかしバイクを使い続けていますと、だんだんと状態も悪くなってしまう傾向があります。例えば、雨水による影響などは軽視できないのです。バイクに雨水が当たり続けてしまえば、やはりそれなりの損傷も生じてしまう傾向があります。いわゆるウォータースポットというものが、バイクに発生してしまう事もあるのです。もちろんそれでは、あまり良くありません。

そうかと思えば、バイクの塗装部分が悪くなってしまう事もあります。そもそも野外というスペースでは、紫外線が当たり続けるでしょう。そういう環境にずっと置かれていると、やはりバイクの塗装状態も悪くなってしまう傾向はあります。このように野外という場所では、バイクに対する脅威が非常に多いのです。

 

バイクガレージについてもっと詳しく知りたい人はここもオススメです

バイクガレージ

 

バイクガレージとその環境のメリット

それに対してガレージ内というのは、非常に良好な環境である事は間違いありません。少なくともガレージには、屋根は設置されているでしょう。屋根がある以上は、バイクに対して雨水が当たるのも、ブロックする事はできます。ですから雨水による影響が心配な方々としては、バイクガレージを採用する事も珍しくありません。もちろん、上記で触れた紫外線に関するメリットもあります。少なくとも室内で保管しておけば、紫外線などはブロックできるでしょう。

それに比べて、塩分に関するメリットもあるのです。そもそもバイクというのは、塩分はあまり望ましくありません。バイクを長く使い続けていれば、その表面部分がサビてしまう事も多いのです。特に海沿いの地域などは、要注意です。

しかしバイクガレージという環境に保管しておけば、そういう塩分の問題点もありません。そもそも塩分というのは、潮風によって運ばれてくる訳です。そしてバイクガレージ内に保管しておけば、潮風などもブロックする事はできます。ですから、バイクの塗装部分に錆などが生じてしまう確率も低くなります。

このようにバイクガレージというのは、総じて保管環境が良好なのです。少なくとも、バイクに対する様々な脅威をブロックできる事だけは、ほぼ間違い無いでしょう。ですからバイクを良い状態で保ちたい時には、バイクガレージがおすすめと言えます。

関連記事

    None Found